オーナー募集中

"にほんの里 100選"に選定された馬路村「相名」地区では、
米作りを通じて私たちの先人が「水をひき」「田を開いた」
昔をしのび、米作りのしんどさと楽しさに触れ、
オーナー会員同士や地元のお百姓さんとの
交流・交歓を深めようとする制度があります。

馬路村で一緒に、稲作りをしてみませんか?

高知県内にお住まいの方で、5人ほど募集しております。
詳しくはこちらからご覧になってください。

▼田んぼのオーナー募集要項はこちらから▼

足元

ふと地面を見ると、つくしが顔を出していました。

つくし顔を出す.jpg

上ばっかり見よらんと、ちゃんと足元も見いよ。
と、つくしの声が聞こえてきそう。

足元にも、確かに春が来ています。

見頃ですよ

スナック梅珍のマスター、
じゅんちゃんちの梅が、見事に満開です。

じゅんちゃんちの梅.jpg

ごっくん工場から、農協ストアへ向かう道の途中に見られますので、
馬路村へ遊びに来てくれた時は、のぞいてみてください。

ぬくうなったねぇ。

畑に出てみろうか。

畑に出る.jpg


冬の間じっと土の中にいたスナップえんどうが
芽を出していました。

スナップエンドウの芽.jpg

川が開きました

安田川のアメゴ漁が解禁になりました。

さぁ、今年はアメゴがおるろうか。
やっと、川に入れます。

3月1日 川.jpg

心なしか、川も勢いを増してきたように感じます。
少しずつ、春が近づいています。

気配

朝日出の1番梅が満開です。


うめ咲く.jpg

寒い、寒いと思っていても
春はもうそこまで来ています。

名前を書いちょいて

ゆきこさんくの勝手口には
紙とペンが、そっと置かれています。

名前を書いて.jpg


村ではよく、野菜が採れすぎたり、誰かにおいしいものをもらった時に
「おすそわけ」をしますが、留守にしていようが関係なく勝手口にドサッと
置いていってくれるので、ありがたいけど誰にお礼を言ったらいいか
頭を悩ますことがあります。

そうそう、鬼と言ったら馬路村にも語り継がれている伝説があります。


むかしむかし、相名地区の川の上流に連なる山から、鬼が大きなおにぎりを2つ、
木の天秤棒につるして運んでいたら、ちょうど山を越えようとしたところで
木の棒がバキバキッと折れて、大きなおにぎりをおっことしてしまったそう。

2つのうち1つが、相名の上流に居座って、
時にこどもやおんちゃんの夏の遊び場にもなっている「丸石」。


丸石.jpg

もう1つは、落とした拍子に割れてしもうた、とのことです。

割れた石.jpg

おんちゃんらの証言によると、
丸石は今でも、山へ帰ろうとして上流へ、上流へと少しずつ動いているようです。

鬼がきた

馬路の山から鬼が降りてきました。

まめまき20174.jpg

やっつけちゃろうと思ったけど、やっぱり、怖い。

まめまき20171.jpg

朝寝坊鬼も、悪ことしの鬼も、言うこときかん鬼もやっつけて
みんなまた、ひとまわり大きくなりました。

まめまき20172.jpg

ほいく

どこいきゆうがあー?

ほいく2.jpg

保育所の前を歩いていると、皆と目が合います。
遊びゆうかねぇ?

ほいく.jpg

奥の教室からも、「おーい」と元気いっぱいな声が聞こえてきそうです。

最近の画像

  • じゅんちゃんちの梅.jpg
  • つくし顔を出す.jpg
  • スナップエンドウの芽.jpg
  • 畑に出る.jpg
  • 3月1日 川.jpg
  • うめ咲く.jpg
  • 名前を書いて.jpg
  • 丸石.jpg
  • 割れた石.jpg
  • まめまき20174.jpg

月別記事一覧