気配

朝日出の1番梅が満開です。


うめ咲く.jpg

寒い、寒いと思っていても
春はもうそこまで来ています。

名前を書いちょいて

ゆきこさんくの勝手口には
紙とペンが、そっと置かれています。

名前を書いて.jpg


村ではよく、野菜が採れすぎたり、誰かにおいしいものをもらった時に
「おすそわけ」をしますが、留守にしていようが関係なく勝手口にドサッと
置いていってくれるので、ありがたいけど誰にお礼を言ったらいいか
頭を悩ますことがあります。

そうそう、鬼と言ったら馬路村にも語り継がれている伝説があります。


むかしむかし、相名地区の川の上流に連なる山から、鬼が大きなおにぎりを2つ、
木の天秤棒につるして運んでいたら、ちょうど山を越えようとしたところで
木の棒がバキバキッと折れて、大きなおにぎりをおっことしてしまったそう。

2つのうち1つが、相名の上流に居座って、
時にこどもやおんちゃんの夏の遊び場にもなっている「丸石」。


丸石.jpg

もう1つは、落とした拍子に割れてしもうた、とのことです。

割れた石.jpg

おんちゃんらの証言によると、
丸石は今でも、山へ帰ろうとして上流へ、上流へと少しずつ動いているようです。

鬼がきた

馬路の山から鬼が降りてきました。

まめまき20174.jpg

やっつけちゃろうと思ったけど、やっぱり、怖い。

まめまき20171.jpg

朝寝坊鬼も、悪ことしの鬼も、言うこときかん鬼もやっつけて
みんなまた、ひとまわり大きくなりました。

まめまき20172.jpg

ほいく

どこいきゆうがあー?

ほいく2.jpg

保育所の前を歩いていると、皆と目が合います。
遊びゆうかねぇ?

ほいく.jpg

奥の教室からも、「おーい」と元気いっぱいな声が聞こえてきそうです。

今年は違う

1ヶ月ほど前からソワソワ、ヒヤヒヤと
待ちわびていた駅伝大会の日がやってきました。


健脚な小・中学生、野球部、役場などなど、他のチームになかなか歯が立たず
底辺を這っていた農協チームですが、
いつまでも負けよっちゃあ、いかん。と仕事終わりに走り込みを始め、気合は十分。

気合い.jpg

けんどやっぱり中学生は早い。
追いかけていた背中がみるみるうちに見えなくなります。

毎年恒例、第4区の親子対決の行方は・・・

ようたくん.jpg

やはり今年も息子の陽太くんがお父さんに勝ったようです。

おとうさん.jpg

農協の結果はというと、なんとベテランチームが16チーム中、上位3位に入りました!!

第

万年最下位1位だった女子チームも厳しい練習の成果あって10位を獲得。

女子チーム.jpg


若いチームはというと・・
残念ながら最下位でした。

悔しい.jpg

きっと来年は厳しいトレーニングが待っていることでしょう。笑

おめでとう

ゆずの森に素敵な花嫁さんと花婿さんが来てくれました。

はるなちゃん結婚.jpg

馬路村で生まれ育った、はるなちゃんの結婚です。
今は馬路村を出て暮らしているけれど、
ふるさと馬路村でと、写真を撮りに来たそうです。

幸せそうな2人の姿に、周りの皆もうっとり、幸せをわけてもらいました。
本当に、おめでとうございます。いつまでも、いつまでも、お幸せに。

「新聞で、ゆずの村が1位になっちゅう!」
誰かの声に、どうした、どうした、と覗いてみると、

ゆずの村1位.jpg


https://www.yuzu.or.jp/umajimura/yuzunomura.html

1月14日付「日本経済新聞」の「NIKKEIプラス1」に
ぽん酢しょうゆ ゆずの村が紹介されているではありませんか!

なんとなんと、何でもランキング「ブランドぽん酢 今夜はこだわり鍋」
のコーナーで、第1位をいただきました。


審査員の方からは、
「素材を生かすナチュラル感が良く、誰でも好きな味」
「コクがあり、優しい味は鍋との相性がいい」
「コストパフォーマンスがよく、気軽に鍋に使えそう」
「お造りにも合う」と、嬉しい評価をいただきました。


30数年前、村で作ったゆずをたくさんの人に知って欲しくて
ゆずをおいしく食べてもらえる商品を
くる日もくる日も考えて生まれたゆずの村。
馬路村のゆずが全国のたくさんの方に食べてもらえていると思うと、嬉しい限りです。


ゆず産地のぽん酢として、ゆずのことや村のことも伝えられるぽん酢でありたい。
食べてくれた人においしくて喜んでもらえるぽん酢でありたい。
これからも、出会ってくれた1人1人との縁を大切に
成長していきたいと思います。


嬉しい励みをありがとうございました!!

おはようございます。

昨日からしんしんと冷え込んで
珍しく馬路村でも雪が降っています。

ゆき.jpg

ごっくん工場に、馬路村の魚梁瀬小学校の3、4年生が来てくれました。

注文を受けているところから、ごっくんが出来るところ、荷造り、発送まで
じっくりと見学。


そして、ゆずの化粧品とぽん酢を勉強したい、と言ってくれたので
それなら、自分で作ってもらおう、ということで
ゆずの石鹸とぽん酢を作ってもらいました。

石鹸作り.jpg

ぽん酢に使うお酢だけでも、
米酢、穀物酢、ゆず酢で味が全然違います。


だしは、かつおと昆布でも全く味が違い、
2つ合わせることでうまみが7倍〜8倍にもアップします。


ぽん酢づくり.jpg

醤油も2種類の味をじっくり吟味して、はちみつ、みりんも入れて、、
自分の好きな味のぽん酢が完成しました!

出来上がったぽん酢を食べ比べてみると、
ゆずをたっぷり入れたすっぱいぽん酢や、すっきりした味のぽん酢、
まろやかな甘みのあるぽん酢、と自分だけのとっておきの味になりました。

完成.jpg

商品づくりをするときにいつも大事にしている
おいしくなあれ、と、どんな人が食べてくれるか、
どんな料理に使ってもらいたいか、どんなシーンで食べてもらいたいか
を想像してつくること、
そして今回は自分が好きな1番食べたいぽん酢をイメージして作ってもらいました。

商品をつくることの難しさや、
出来たときの嬉しさを感じてもらえたようでよかったです。

最近の画像

  • うめ咲く.jpg
  • 名前を書いて.jpg
  • 丸石.jpg
  • 割れた石.jpg
  • まめまき20174.jpg
  • まめまき20171.jpg
  • まめまき20172.jpg
  • まめまき20173.jpg
  • ほいく.jpg
  • ほいく2.jpg

月別記事一覧