お歳暮

小道にどこからともなくゆずの香りが漂ってくると思ったら、
橋本さん夫婦がゆずを搾るところでした。

「うちくは、もう搾ってしもうたき、皮がほしゅうて。」
ゆずの皮を貰おうと、きみこさんも搾るのを待っている様子。

ゆずしぼり1.jpg

「あても、娘らにゆず味噌炊いて送っちゃりたいき、ちょっと皮をわけてくれんかね?」

ちーちゃんもやってきました。

ゆずしぼり2.jpg

ゆずの収穫が落ち着いたら、人にあげる分と、自分の家で使う分の「ゆのす」を搾ります。

余った皮は、ことこと炊いてゆず味噌やジャムに。
「田舎の味」ですが、ゆずのない街で暮らす子どもや孫たちは「おいしい」と喜んでくれます。

ゆずしぼり4.jpg

な〜んとも、いい香り。

ゆずしぼり5.jpg

お寿司に酢の物、刺身、鍋、お酒に入れたり、等々...
ゆのすが無い、なんてことになると大変なので1年間使う分を見越してゆずを搾ります。

ゆずしぼり6.jpg

「あちこちで、ゆのすを待ちゆう人がおるがよ。
うちじゃもう、ゆのすがお歳暮がわりやきねぇ。」
収穫を終えて、ほっとくつろぐと、
お世話になったあの人やこの人の顔が浮かんできます。

ゆずしぼり3.jpg

神祭

今日は熊野神社の神祭です。
じんさい2018.jpg
朝から元気な声が村中に響き渡っていました。
じんさい2018.2.jpg
神輿を担いで村内を練り歩き
役場や保育所、農協、温泉などを回ります。
じんさい2018.3.jpg
毎年恒例の川渡り。
じんさい2018.4.jpg
冷やい、冷やい!と言いながら村の若いしが渡っていきます。

じんさい2018.6.jpg

また1年、皆が元気で過ごせますように。

ゆずの収穫も無事終わり、
村にいつもの静けさが戻ってきました。

収穫も無事終わったことやし、と毎年この時期に開催されておりますのが
馬路はしけん大会です。
2018.jpg
2018.2.jpg
威勢の良い大きな声が温泉の大広間から聞こえてきます。
2018.3.jpg
2018.5.jpg
皆が真剣勝負。
2018.4.jpg
箸を握る手にも汗がにじみます。
2018.6.jpg
2018.7.jpg
勝っても負けても楽しい、楽しいひと時でした。

出会い

ゆず畑から、いつもより若い声が賑やかに響いています。

ワーキングホリデイ1.jpg

ゆずの収穫期の約1ヶ月間、日本各地と遠くは海外からも
ワーキングホリデイとして、強力な助っ人が馬路村に来てくれました。

ワーキングホリデイ2.jpg

日によって手伝いに行く畑はそれぞれ。
行った先で土佐弁(馬路弁?)に慣れながら
ゆずをとり続ける1ヶ月です。

ワーキングホリデイ3.jpg

それでも、何より嬉しいのは畑に来て楽しそうにゆずをとってくれること。
どこから来たかー。よう来てくれたねー。と、話も盛り上がります。

香港から参加のメイメイさんは、なんと、香港でゆずぽん酢を買って気に入ってくれ
馬路村のワーキングホリデーを見つけて応募してくれたそう。

ワーキングホリデイ4.jpg

「ここは、ゆず商品がいっぱいあるね!ウレシイ!暴買いして帰るね〜。」
いつも周りの皆をほっこりさせてくれます。

ゆずの収穫終わりとともに皆それぞれの地や次の地へと向かい、
なんだか寂しい今日この頃ですが、「また来るね。」「来年も参加する!」
という嬉しい声をもらい、決して収穫が助かっただけではない、
大切な出会いをもらったなぁ、としみじみ感じています。

来てくれてありがとう。
また会いましょう。


ゆずつみ

どっさりのゆず。
農協へ出すには、ゆずのヘタだけを残し
枝や葉はハサミでつまなければなりません。

ゆずつみ1.jpg

しかし、おばちゃんたちのゆずをつむ速さといったら・・

ゆずつみ2.jpg

ゆずつみ3.jpg

ゆずつみ4.jpg

口もよく動くけれど、手も速いのです。

ゆずつみ5.jpg

竿からハサミへ

あれ?いさおさん・・・

竿を持つ.jpg

ゆず畑でも竿を出しちゅうろうか?

ハサミを持つ.jpg

と言いたくなるくらい、
鮎釣りの竿がそのままゆずとりバサミに入れ替わりました。

ハサミを持つ2.jpg

リンと。

「おーの、今日もひやいねぇ。」

リンと1.jpg

かっさんとみねちゃんは、今日も夫婦でゆず畑にいます。

リンと5.jpg

おっと、リンもいました。

リンと4.jpg

リンはゆず畑が大好きで、
「畑へ行くぞー」と言えば必ず軽トラの助手席に飛び乗ってきます。

「リン、おまんはえいなぁ。ひっとり温もりゆうかよ。」

リンと3.jpg

畑を駆け回ったり、隣の畑のおんちゃんとじゃれたり
のびのびしているリンですが、

リンと2.jpg

リンはリンで、かっさんとみねちゃんの安全を
そっと見守っているのかもしれません。

リンと6.jpg

畑におる

ゆずの季節は用事があって家に行っても
なかなか会えないこともしばしば。

畑におる.jpg

直接畑へ行った方が用事は早く済みます。

農業高校生

教育長の畑から賑やかな声がすると思ったら

農業高校ゆずとり1.jpg

高知農業高校の1年生が、なんと40人も来ているそう。
1人1カゴとるという課題をあたえられ、
カゴをいっぱいにしようと
ゆずのトゲと挌闘しながら果敢にゆずの木に
ハサミを入れています。

農業高校ゆずとり2.jpg

みんなよう頑張ってくれるで。
40カゴもとってくれたら、大助かりよ。

農業高校ゆずとり3.jpg

時々聞こえてくる、「いたーい!」という声に
「おーい、ケガすなよーっ」と教育長。

農業高校ゆずとり4.jpg

初めてのゆずに四苦八苦しながらも
誰もが口をそろえて「楽しかった」と言ってくれました。

農業高校ゆずとり5.jpg

それにしても、すごい量です。
1時間ちょっとで1トンもとりました。

農業高校ゆずとり6.jpg

次の日

昨日のお祭りの賑わいがまだ恋しい1日でしたが
ゆずは待ってくれません。
おんちゃんたちは余韻に浸る間もなく
早くも日常が始まっていました。

次の日.jpg

ゆずの森ごっくん工場の地図を見ると、
昨日は、北は北海道、東北地方、南は沖縄の離島から
全国はるばる皆さんが来てくれていたことが分かりました。

関西から.jpg

日本にとどまらず、海外からも遊びに来てくれていたようです。
みなさん、本当にありがとうございました。

海外から1.jpg

海外から2.jpg

メッセージもたくさん書いてくれていました。

ゆずメッセージ1.jpg

ゆずメッセージ2.jpg

ゆずメッセージ3.jpg

直接お話しできなかった方もたくさんいましたが、
メッセージを読んで、楽しんでもらえたことや、ゆずを満喫してもらえたこと
村の味を楽しんでもらえたこと、応援してもらっていることを改めて感じ
とても嬉しくなりました。

ますます、みなさんと一緒にゆずの季節の馬路村をまるごと楽しめる
ゆずはじまる祭にしたいと思いました。

来年もみなさんにお会いできるのを、楽しみにしていますね。
馬路村へ来てくれて、ありがとうございました。

最近の画像

  • ゆずしぼり1.jpg
  • ゆずしぼり2.jpg
  • ゆずしぼり3.jpg
  • ゆずしぼり4.jpg
  • ゆずしぼり5.jpg
  • ゆずしぼり6.jpg
  • ワーキングホリデイ1.jpg
  • ワーキングホリデイ2.jpg
  • ワーキングホリデイ3.jpg
  • ワーキングホリデイ4.jpg

月別記事一覧