みなさんこんにちは。

みなさんこんにちは、馬路村農協組合長の東谷です。

農協とゆずをご利用いただきありがとうございます。

農家組合員の代表としてお礼申し上げます。

馬路村は四国の東部地域で、徳島県との県境に位置し、1,000m級の山に隔たれた山村です。村は馬路地域(安田川水系)と魚梁瀬地域(奈半利川水系)の大きなエリアにまたがっています。村の産業は面積の96%を山林が占める林業でしたが、木材価格の下落や資源の枯渇、合理化により、かなり衰退しました。

 ゆずは古来より生育し、搾ったゆず酢は料理に欠かせない果汁で、一年中利用してきました。産業が大きく変化しはじめた昭和30年後半に本格的なゆずの栽培(馬路地域)に入りますが、

急傾斜地や段々畑での栽培は管理や収穫に困難を要し、市場へのユズ玉出荷は伸びませんでした。

小さな村がゆず産地としての生き残りを賭けたゆず酢(ゆず果汁)の販売活動をはじめ、その後、加工品に販路を求めて新商品の開発を始めましたが、全てが試行錯誤で設備もほとんどなく、

何とかしたいとの熱い思いだけでがんばりました。

 そんな小さな取り組みからはじまり、今日ゆず商品は一部流通にものっていますが、

主体は産地直送に主をおいています。産地直送はお客さんの生の声が届き、

取り組みの姿勢や商品作りに生かせます。又、製造や受注、荷造りに雇用が生まれ、

従来の貯金や共済、Aコープ事業と合わせると90名を超える職員従業員が働き、

村の大きな産業となりました。

 平成14年馬路営林署跡地を購入し、貯木場跡に新しいゆず加工場を造って周辺に雑木を植えました。視察や見学のお客さんもぼちぼちと訪れ、人口900人の村にとって交流人口の拡大にもなっています。最近ではゆず種から種子油を搾り、小さな化粧品工場で種子油を原料とした化粧品の製造もはじめ、ゆず化粧品が話題になるようになりました。 

 私たち小さな村でできることは限られていますが、県や大学の研究機関と連帯しながらゆずの可能性を追求することで、ゆず農家に大きな励みや夢を与え、若者の定住と村存続にもなると考えます。

 総合農協として村民の暮らしに必要な農協であり、ゆずしかありませんが、全国のお客さんに喜ばれる農協でありたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

馬路村農協概要

ゆずの村のあゆみ

馬路村のゆずづくり

馬路村の農家たち

ゆずレシピ

視察・見学

個人情報の取り扱い

お問い合わせ

〒781-6201 高知県安芸郡馬路村3888?4 馬路村農業協同組合