馬路村農業協同組合の概要

うまじむら

 馬路村農業協同組合は昭和22年農業協同組合法施行(農協法第1条/この法律は、農業者の協同組合の発達を促進することにより、農業生産力の増進及び農業者の経済的社会的地位の向上を図り、もって国民経済の発展に寄与することを目的とする)に伴い、産業組合から移行して、昭和23年6月15日に設立をしております。

 当時の馬路村の人口は、約3,600人いましたが、産業構造の変化で現在1,000人を割込みました。村の面積の96%が山林であり、 農地が少なく段々畑でゆず栽(45ha)を行っています。お米も自家消費として13haが栽培されていますが、年々減少しています。馬路村農協の特徴は、昔からこの地で生産していたゆずの実を搾り、ゆず果汁の販売でしたが、 商品開発をしてゆず関連商品の多くを作るようになりました。最近は化粧品工場を作り、化粧品の研究と製造も行っています。成果として、山村に働く場が拡大し行政と連携しながら、村の活性化に努めています。

主な業務内容へ