山菜

えいもん見つけた。

まれみさんが、にっこり笑って現れました。

山菜発見.jpg

エビナに、イタドリ。
この時期だけの嬉しいごちそうです。

けんどねぇ、、
「食べるよりも、私は採る方が好きながよ。」
馬路のおばちゃんたちは、山菜を見つけたものなら採らずにはいられません。

さくら色

山の奥の馬路村には、
街よりもちょっと遅れてやってきた桜前線。

さくら20181.jpg

さくら20182.jpg

ゆずの森もさくら色に包まれました。

さくら20183.jpg

ゆず苗配り

今日はゆず苗配り。

待ちよった待ちよったと集荷場にゆず農家のおんちゃん、おばちゃんが
わらわらと集まってきます。
ゆず苗配り2018.jpg

予約してあったゆず苗をみんなそれぞれに大事に抱えて畑に向かいます。
元気でうんとえい香りのゆずに育ちますように。

畑の個性

この時期、ゆず畑では土を作るために
肥料をやります。

のぼるちゃん肥料.jpg

「もう、いつぞ終わったでー」というのぼるちゃんの畑のきれいなこと!
畑はその人その人の個性が出るなぁと思います。

オリンピック.jpg

それにしても、この美しい円はオリンピックのマークみたいです。

寒い中にも

硬かった梅のつぼみが、
ついに、ふわりと開きました。

梅が咲いた.jpg

寒い毎日ですが、春の知らせがあちこちに届き始めました。

営農号

ゆず畑に、農協営農号。
赤いので、どこにいてもよく目立ちます。

営農号.jpg

春の近いゆず畑では、肥料やりが始まっています。

施肥.jpg

発酵鶏糞はまいた後ちょっとにおいますが、自然な証拠。
土作りには欠かせません。

傾斜がきつい畑.jpg

それにしても、傾斜がきつい畑は
なかなか大変です。

足元に春

あっ!

足元に春.jpg

フキノトウが、顔を出しました。

少しずつ春が近づいています。

梅が凍っちゅう

毎日、毎日、寒いですねぇ。

梅凍る.jpg

あまりの寒さに、今朝は梅までカチカチに凍っていました。
ほころび始めた蕾たちも、
この寒さにはびっくり驚いたことでしょう。

準備万端

研いでないと、いざという時に役にたたんきねぇ。

追い山準備.jpg

まぁ、色んな刃物がずらり。

イノシシ刃物.jpg

これでいつイノシシが獲れても、準備万端です。

あけましておめでとうございます!
馬路村では、珍しく雪が降りました。

初雪2018.jpg

針葉樹が多くいつも見慣れた緑色の山々も
雪化粧をしてなんだか新鮮な気持ちになります。


さて、新しい1年が始まりました。
気持ち新たに目標を立てられた方もいることでしょう。

私たちも、未来に向けて新しい一歩を踏み出したいと思い、
一つの夢を掲げました。

『段畑ゆず』です。

段畑ゆず.jpg

なんじゃそりゃぁ??
という声も聞こえてきそうですが、

私たちの村の歩幅で、昔から紡がれてきた暮らしの大きさで
馬路村らしい農業を考えた答えが段畑(だんばた)ゆずです。

山ばっかりの急斜面、
小さい畑を何度も行ったり来たり、
車も運搬機も入らぬ畑もある、
ゆずが転がるような足場の悪いところもある、
昔の先祖は、よくこんな不便な地に植えたなぁと思ったり、
壮大な景観でもなく、恥ずかしい
というような思いもありました。

しかし、しかし・・
段々畑の数だけ、そこに苦労と思い入れと農家の汗がある。
それはここにしかない風景になる、と考えました。
背伸びをせず、自分たちにできる農業の形を
描いていこうと思います。

そして、昨年は中芸5町村がゆずロードとして認定されました。
ゆずづくりに生きる背中を押してもらえた出来事でした。
この嬉しい認定も励みに、ゆずづくりに汗をかきたいと思います。
村を訪れてくれる人にも楽しんでもらえるように、
新たなゆず畑づくりにも、今年から挑戦していきたいと思っています。
なかなか時間はかかりますが、楽しみに見守っていてもらえると嬉しいです。

ゆずロードや段畑ゆずが、やがて村でゆずを作るおんちゃんたちの励みにもなり
堂々と胸を張って「うちの畑は段畑ゆずじゃあ」と言えるようになったら、えいなぁと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
みなさんにとって、とびきりの1年となりますように!


最近の画像

  • 山菜発見.jpg
  • さくら20181.jpg
  • さくら20182.jpg
  • さくら20183.jpg
  • ゆず苗配り2018.jpg
  • のぼるちゃん肥料.jpg
  • オリンピック.jpg
  • 梅が咲いた.jpg
  • 施肥.jpg
  • 営農号.jpg

月別記事一覧