私たちの住む馬路村のある高知県東部の中芸(ちゅうげい)地域に、
嬉しい知らせが届きました。

ここ中芸地域で息づいていた森林鉄道のロードの後に盛んとなった
ゆずづくりにより育まれた景色や文化が
なんとなんと、日本文化遺産に認定されたのです!

日本遺産認定.jpg

https://www.yuzu.or.jp/umajimura/yuzuroad.html

まだゆずづくりが盛んになる前のこと、
この中芸地域には西日本最大級の森林鉄道が駆け巡り
木目の美しい魚梁瀬杉がたくさん運ばれていました。

森林鉄道の閉鎖とともに、新たな産業の光として栽培に力を注いできた
中芸地域のゆずづくりは、やがて日本一の生産量を誇るものとなりました。
森林鉄道の軌道は季節の移ろいとともに景色を彩る「ゆずロード」へと生まれ変わり
新たなストーリーが誕生しました。

ゆずとともにあった私たちの暮らしの中で
ゆずづくりによる景観と、ゆずの香り豊かな食文化が育まれました。
私たちの馬路村は人口898人だけの、小さな村ではありますが人口の半分くらいが
ゆずを育て、ゆずとともに暮らしてきました。

中芸地域をあわせると、ゆずの生産量、栽培面積、生産者、アイテム数は日本一。
森林鉄道の栄えた歴史を引き継ぎ、これから新たな道として開かれてきたゆずロードが
ますます元気で美しい原風景として育てられたらなぁと、
憧れの日本文化遺産認定という励みを胸に、頑張っていきたいと思います。

緑の中に

一気に草木が芽吹いて、うっそうとしてきました。

うめの実も、こんなに大きくなっています。

うめの実.jpg

たけのこ

にょきっと、たけのこが顔を覗かせる季節となりました。

たけのこ.jpg
これから村のあっちこっちで、たけのこ合戦がはじまります。

春の食材

今年も顔を出しました。

エビナ.jpg

この時期になると食べたくなるもの、

「エビナ」。

エビナとれたて.jpg

やわらかくて、シャクシャクした食感がなんともおいしいのです。

さっと茹でてゴマだれで和えたら、
ほうら、今晩のひと品の出来上がり。

ごまあえ.jpg

炒め物もいいし、酢味噌和えも、天ぷらもいいねぇ。

あがった

お!

あがった、あがった!

上がった.jpg

村のあちこちで、鯉のぼりと、立派なフラフが
泳ぎ始めました。

さくら色

ゴウゴウ吹きすさぶ風にザンザン雨、
昨夜の嵐には、びっくり。

村色づく.jpg

けんど、よかった。
心配した桜は、なんとか散らずに残っていました。
村が桜色に染まっています。

満開

風がずいぶんあたたかく、やわらかくなりました。
春風に連れられるかのように、桜も満開になりました。

ゆずの森でお弁当やパンを買って、お花見もいいかもしれませんね。

さくら満開.jpg

植物博士

うずくまって、真剣に地面を掘っている人がいると思ったら、
植物の調査員さんでした。

たんぽぽ.jpg

高知県の植物の分布を調べるために、今日は馬路を回って植物を採取しているとのこと。
話しを聞いてみると、タンポポだけでも高知県には10種類もあるそう。
しかし、「10種類なんて、少ない方。スミレなんて倍くらいありますよ。」と。

つい、タンポポはタンポポ、スミレはスミレ、と思ってしまいますが
高知だけでもそんなに広い世界があったとは。


調査の手元をのぞかせてもらうと・・

まず、新聞紙に日付と植物の名称と、調査した自分のサインを書く。

なかなか年季の入った新聞紙が出てきました。
新聞は大事にとっておいても、ついつい植物を集めすぎると足りなくなってしまうそう。


記録.jpg

採取した植物を、挟み込む。
大事な種が飛ばないように、花が新聞紙にくっつかないように、そうーっと。

保管.jpg

他の植物も、同じように大事に保管。

オオイヌノフグリ.jpg

高知には他にも100人以上のボランティアの人がこうやって
地道に植物のデータを集めているそうで、
今日出会った調査員さんは、小学校の先生時代に授業で子どもたちと植物の観察をしていたけれど、知っていないと教えられない、と思い勉強するうちにどんどん詳しくなって
退職後も調査員として植物に携わっているそう。

やっていて、どうですか?と聞いてみると、
「やっぱり、おもしろいねぇ。」とにっこり。


調査を終えると、また次の場所へと出かけていきました。

早くも

まだちょっと早い気もしますが
ゆずの森は、すっかりお花見モードになりました。

夜の桜.jpg

新しい風

この春から、馬路村に新しい顔が増えました。

馬路村役場、保育所、地域おこし協力隊として、この村に来てくれました。

村を出て高校で野球を頑張っていた、えいすくんも帰って来て
あちこちで「おかえり」という声が聞こえてきます。

馬路村新メンバー.jpg


「いや〜!もう、フレッシュさがえいねぇ。」

と、馬路温泉歴23年のみきこさん。


みきこさん.jpg

「あたしらぁ、もうフレッシュさもないなったけんど、
ベテランにはベテランなりにできることがあるき、がんばらなぁね。」


昔からずうっと村に住んでいる人、村を出て帰って来た人、村の外から初めて来る人
いろんな風が混ざり合って馬路村ができています。

最近の画像

  • 日本遺産認定.jpg
  • うめの実.jpg
  • たけのこ.jpg
  • エビナ.jpg
  • エビナとれたて.jpg
  • ごまあえ.jpg
  • 上がった.jpg
  • 村色づく.jpg
  • さくら満開.jpg
  • 保管.jpg

月別記事一覧