馬路村農協は昔からこの地で生産していたゆずの実を絞り、ゆず果汁やぽん酢の販売、商品開発をしてゆずを広めています。

安心しておいしいと食べてもらえるゆずを作りたい。その想いで有機栽培に準じたゆずづくりをしています。

  • 送料は全国一律550円
馬路村農協メニュー
  • トップページ
  • おいしさを増す有機循環農法
  • 馬路村がゆずの村になるまで
  • 馬路村ってこんなところ
  • ゆず本来の香りが活きる物語
  • いつものおいしいはこうして生まれる
  • 馬路村農協概要
  • よくある質問
  • アクセス
  • 特定商取引
  • お問合せ
  • コールセンター
  • パンフレットから購入
  • 馬路村農協FACEBOOK
  • 馬路村農協アンテナショップFACEBOOK
馬路村農業協同組合の概要

馬路村農業協同組合は昭和22年農業協同組合法施行(農協法第1条/この法律は、農業者の
協同組合の発達を促進することにより、農業生産力の増進及び農業者の経済的社会的地位の向上を図り、
もって国民経済の発展に寄与することを目的とする)に伴い、産業組合から移行して、
昭和23年6月15日に設立をしております。当時の馬路村の人口は、約3,600人いましたが、
産業構造の変化で現在1,000人を割込みました。村の面積の96%が山林であり、 農地が少なく段々畑で
ゆず栽培(45ha)を行っています。
お米も自家消費として13haが栽培されていますが、年々減少しています。馬路村農協では、昔からこの地
で生産していたゆずの実を搾り、ゆず果汁の販売をしていましたが、ゆず加工品の開発に力を入れ、多くの
ゆず製品を作るようになりました。最近は化粧品工場を作り、化粧品の研究から製造まで行っています。
成果として、山村に働く場が拡大しました。馬路村農協は行政と連携しながら、村の活性化に努めています。

主な業務内容 (2018年3月末現在)
総合農協組合員数 576人
組合員戸数 339戸
役員数 10名
出資金 200,877,000円
事業範囲 信用事業、共済事業、購買事業、営農指導事業、販売事業
設立日 1948年(昭和23年)6月15日
本所所在地 〒781-6201高知県安芸郡馬路村3888-4
本所 0887-44-2021
ゆずの森加工場 0887-44-2211
Aコープ馬路店 0887-44-2023
Aコープ魚梁瀬店 0887-43-2332
高知アンテナ店 umaji  088-856-5544
子会社 (有)ゆずの森(農産物直売所)
農業生産法人株式会社ゆず組合(農業生産法人)
店舗及び施設 ○本所
 (旧馬路村営林署が昭和28年に建設した木造づくりの歴史ある店舗)
○Aコープ馬路(平成20年木造店舗で新設)
○Aコープ魚梁瀬(魚梁瀬地区唯一の店)
○ゆずの森加工場
 (ごっくん馬路村などドリンク製造とゆず加工場の拠点工場4,475㎡)
○ゆず搾汁工場(ゆずを搾る工場1,941㎡)
○相名ゆず加工場(ドリンク類以外のゆず製品を作る加工場2,029㎡)
○八川ゆず加工場
 (ドレッシング、ゆず精油、柚子種子油の製造工場1,807㎡)
○ゆず化粧品工場
 (ゆずの精油や柚子種子オイルで化粧品を作ります452㎡)
○職員宿泊施設深山荘(村外から採用の職員寮429㎡)
馬路村農協役員
  • 代表理事組合長-東谷望史
  • 代表理事常務-北岡雄一
  • 理事常務-木下彰二
  • 第一理事 山中隆
  • 第二理事 岩城立郎
  • 第三理事 乾充典
  • 第四理事 尾原洽三
  • 代表監事 清岡弘滋
  • 監事   岩城勝則
  • 員外監事 畑山美和子

馬路村農協には各部署にひとりは必ず農家もやっている人がいます。
つくるからには、一番いいと思うゆずを本気でつくりたい。
安心して食べてもらえるゆずをつくりたい。
その想いで農家として、農協として、有機栽培に準じた
ゆずづくりを呼びかけ、村の全ての農家が化学系肥料・農薬と
除草剤を一切使用しないゆずづくりに取り組んでいます。
いつまでも村の豊かな自然と暮らしが続いてほしいと願うとともに、
農協としてその営みを守る使命もあります。